2014.12.25

dotFes2014で「らくがき動物園」というインスタレーションを制作・展示いたしました。

ご無沙汰しております。山田です。

ブログではチラチラとチラ見せされていたのですが、先日福岡で開催されたdotFes2014 FUKUOKAで「らくがき動物園」というインスタレーションを制作・展示いたしました。


動画にありますように、ノートに描いた動物にスタンプを押すと、生命が吹き込まれて動き出す。そういうインスタレーションです。

実はこれ、前々からずっと作ってみたかった、「ホワイトボードとかに自由に描いたイラストがどんどん動き始める」みたいなコンテンツの派生系になります。
以前作った撃墜王ゲームらくがき水族館とはひと味違った、絵がそのまま動き出す楽しさを体験していただければ、と思って作りました。

開発中の図

開発中その2。ちょっとカタチになってきました。

実は設営の前々日。だいぶカタチになってきているけど切り抜き失敗。

↑開発中の画面や様子等。

構想とか実装のざっくりしたアイデアはあったものの、実際にちゃんと動くものにするまでは色んな試行錯誤があって。「ノートにしようぜ」とか「スタンプか何かをトリガーにしないとスキャンのタイミング取れないんだぜ」とか、みんなの色々なアイデアを盛り込んでいき、ついに実現にこぎつけることが出来ましたうれしい顔


stamp.jpg

↑今回のキモ。いのちのスタンプ(仮名)。Arduino FioとXbeeが内蔵されていて、押した瞬間を検知出来ます。作ったのはココノヱの電子担当:長洞です。

動物の骨格を検出して足とか動かすプログラムとか、スキャン自体のシステム。また、あとで長洞がまとめるかもしれないですが電子工作な仕組みを組み込んだスタンプ等、弊社の技術をいろいろとぶちこんで作った落書き動物園の世界観。当日は多くの人にご好評いただけたみたいで嬉しかったです。

市販のスケッチブックにページ検出用のコードとか動物の名前を印字している図

↑設営中。市販のスケッチブックにページ検出用のコードとか動物の名前を印字している図。これが一番大変だったというスタッフの声も。

設営中(2)。

↑位置合わせ中。機材がコンパクトなので、運搬・設営ともに比較的楽チンでした。

みなさんが描いてくださったパンダとキリン。

↑みなさんが描いてくださった力作の数々。インスタ内ではこれらが一斉に動きます。

dotFesで展示して、改善すべき点も多く見つかりましたが、どんどん改良を加えていき、これからも何かのイベントで展示出来ればと思っております(※興味のある方はゼヒお問い合わせくださいるんるん)。
TAG =
開発

COCONOE inc.

ADDRESS :
1613-5, SHIMPO, MINAMI-KU
OKAYAMA-SHI, OKAYAMA,
700-0945 JPN
TELEPHONE :
086-243-6614