2011.05.17

撃墜王ゲームがお持ち込みやすくなりました。(撃墜王ゲームLITEについて)

ステキなトロフィー(中は缶切り)

先日、ご報告させていただきましたとおり、弊社製作の撃墜王ゲーム(英題:Doodle War)が、FITC Awards 2011で「Experimental Flash」部門において受賞いたしました手(チョキ) 

FITC Torontoに参加させていただくことが決まった頃から、是非ともカナダの方々にも撃墜王ゲームを体験してほしい!という想いだけはあったのですが、巨大な筐体一式をカナダに輸送するだけで下手したら軽自動車一台買えるぐらいお金ドル袋がかかってしまう!という致命的な問題があったため、ほとんど諦めていました涙



………のですが、仕事中につい内緒で、「個人の荷物レベルで持っていける簡易版撃墜王ゲーム」を作ってしまい(リンク先写真は試作品)、それを引っさげてカナダデビューを果たしてまいりました。 


下の写真は実際にFITC Torontoで動かした、撃墜王ゲームLITE(仮)です。

撃墜王ゲームLITEシステム

フルHDの液晶テレビだけ現地レンタルで、日本からの荷物はノートPCカメラウェブカム三脚コード類、とスーツケースに楽勝で収まるレベル指でOK

カメラとウェブカム

今まではそれぞれ独立していたカメラとウェブカムも、専用アタッチメント(手作り)で、まるで特別な周辺機器か何かのような一体感。
液晶モニタを現地でどうにか調達する必要だけはありましたが、最悪でもノートPCの小さい画面で、せめてカードが吸い込まれていく体験だけでもしてもらいたい(この部分かなり力入れてます)!と、思って製作しました。

もともと真上にカメラがあるという設計を半ば無理やり斜め見下ろしに対応させているため、読み取り精度がやや落ちるとか、長期間の展示には向いていないといったいくつかの欠点はありますが、それでも3日間現地のお客様をバッチリエキサイト手(グー)させてくれました!


エキサイトしていただきました。

これまで撃墜王ゲームを体験したいというお話があった際、どうしてもネックとなっていたのが筐体の輸送問題だったのですが、今後は短期間の展示であれば、カナダであろうと東京であろうと、より容易に体験していただくことが可能になりました。

撃墜王ゲームLITE(1日~数日程度の簡易な体験会向け)、あるいは撃墜王ゲーム通常版(1週間以上の長期展示向け)について、興味がございましたらぜひぜひお問い合わせください
TAG =
アワード
制作実績

COCONOE inc.

ADDRESS :
1613-5, SHIMPO, MINAMI-KU
OKAYAMA-SHI, OKAYAMA,
700-0945 JPN
TELEPHONE :
086-243-6614