2014.10.20

台湾の猫村 猴硐に行ってきました。

06.jpg

8月のお盆時期とは別に2日ほど休暇が取れるのですが、今年は夏場ずっと忙しく先日、もうとっくに秋ですがに遅い夏休みとして台湾の猴硐(Houtong / ホウトン)に行ってみました。
猴硐は猫がたくさんいる村として有名です。

00.jpg

01.jpg

台北駅から列車で行きます。
「宜蘭線」から、蘇澳行の區間車(qūjiānchē / チュージャンチャー : 普通列車)に乗り1時間ほど北へ北へ。

台北市街地を抜けるとすぐ山に囲まれた風景に。
南国だからか全体的に緑が濃いです。
家の造りや畑の広がり方も日本と少し違います。

01b.jpg

02a.jpg

着きました!

04.jpg

猴硐は昔、炭鉱で栄えていた街だそうで当時の遺構や炭鉱の洞窟があります。
(乗りませんでしたが、トロッコで当時の炭鉱の中を走れたりするそうです)
川を挟んだ谷あいで前後を山に囲まれた小さな街でした。


※あとはただただ猫が続きます。

07.jpg

08.jpg

16.jpg

▲昼間はまだ暑いせいか、みな日陰で寝ています。
(地元の方に尋ねたら、涼しくなるともっと猫出てくるよとのこと)

09.jpg

15.jpg

10.jpg

守衛さんの隙間にも猫。

12.jpg

犬もいます。仲も悪く無さそう。

14.jpg

18.jpg

▲最近日本でも話題になる自撮り棒?を持った人もたくさんいました。


電車の本数が少ないので少し時間に余裕が必要ですが、距離的には台北駅からは1時間ぐらいと気軽に行けるところだと思います。観光地として有名な九份の方面なのでそちらと併せて行ってみてもいいかもしれませんね。



~あると便利~
銀色のカードは「悠遊卡(Yōuyóukǎ / ヨウヨウカー」。
駅やコンビニでチャージ出来る鉄道・バス用ICカードで、運賃も少し割引が効きます。

あと左の本は日本国内で有志の方が作られている日本語版時刻表。
中国語の時刻表やサイトで確認するのはちょっと大変。鉄道で台北から離れたところに行くときには頼りになります。

19.jpg

TAG =
たわごと

COCONOE inc.

ADDRESS :
1613-5, SHIMPO, MINAMI-KU
OKAYAMA-SHI, OKAYAMA,
700-0945 JPN
TELEPHONE :
086-243-6614